送骨納骨 0120-931-168
永代供養・墓じまい(改葬) 送骨納骨・全国からお遺骨を郵送で受付 海洋散骨 バルーン宇宙葬 お坊様へのご依頼はお坊さんJPへ
 
送骨について送骨寺院のご紹介購入ガイドご相談・お問い合わせトップページ

新しい永代供養のかたち
永代供養墓はすべて宗派不問で納骨できます。
自宅へお坊様がお伺いする引取納骨もできますのでご相談ください(別途交通費)

寺院によってはお骨をお持ちいただく事も可能です。
納骨は寺院様にお任せいただく事となります。詳しくはご相談ください。


曹洞宗・観音寺 曹洞宗・東長寺
真言宗・浄光寺 曹洞宗・雲居寺
真言宗・金泉寺
真言宗・東円寺
曹洞宗系・真光寺 曹洞宗・安養寺
真言宗・常金寺 浄土真宗・円光寺
日蓮宗・一妙寺 曹洞宗・頼忠寺
真言宗・成田山木更津教会新宿不動堂 浄土真宗・浄光寺
天台宗・観音寺 曹洞宗・寳増寺
八宗山両願寺  
浄土宗・誓欣院 曹洞宗・真照院
浄土真宗・淨泉寺 浄土真宗・安楽寺
天台宗・善光寺 曹洞宗・円通院
日蓮宗・妙福寺 曹洞宗・全久寺
真言宗・如意輪寺 臨済宗・円福寺
浄土真宗・西方寺 伊賀の里自然墓苑/真言宗・滝仙寺
真言宗・大師寺 天台宗・智積院
浄土真宗(西)・光乗寺 西山浄土宗・泰聖寺(タイショウジ)
日蓮宗・本昌寺 日蓮宗・妙行寺安穏墓苑
浄土宗・龍淵寺 浄土宗・観音寺
浄土宗・泉福寺 浄土宗・栄照寺
真言宗・観音寺 真言宗・福王寺
浄土真宗・圓勝寺 浄土真宗・清林寺
浄土真宗(西)・佛照寺 浄土真宗・長慶寺
真言宗・光明寺  
真言宗・地蔵院 曹洞宗・ 観泉寺
真言宗・浅原霊園 浄土真宗・南泉寺
浄土真宗・己斐城山墓苑 真言宗・薬王寺
金峰山修験本宗・古賀霊園 天台宗・西巌殿寺
浄土真宗・信行寺 真言宗系・一心寺
日蓮宗・大光寺
開眼作法を行った本位牌を28,000円にて販売。
 

納骨について

納骨とは納骨式は納骨式で用意するお供え物納骨の時期は四十九日とは香典の用意は納骨式に参列の服装は
納骨式にかかる費用(石屋様の作業代・石の彫刻料・お坊様のお布施費用・その他の費用)まとめ

●納骨とは故人様のご遺骨をお墓等に納める事をいいます。
近年では納骨堂などに納めて永代供養される方も増加しております。
永代供養することで霊園やお坊様にご供養のすべてをお任せすることができます。
お墓と同様で納骨堂へ行けば何時でもお参りもできます。
また、納骨時期については、いつまでに行わなければならないという決まりはございませんが、四十九日法要後にご納骨される方や一周忌後に納骨される方が多く見受けられます。

●納骨式は、納骨をする際の儀式のことをいいます。
一般的には、石材店が納骨式の準備を整え墓前でお坊様による納骨読経を行います。
その後、親族によるお参りを行いますが、遺族、親戚、友人など故人様に近い方より
お参りをいたします。
また、初めてのお墓であれば墓石の開眼なども行います。

●納骨式で用意するお供え物
お供え物は施主がご用意頂くもの、参列者がご用意するものなど立場により異なります。
納骨式において、施主と参列者が何を準備されると良いかご案内します。
まず、施主が用意するものに決まりはありませんが、生前、故人様がお好きだったものを用意されるとよろしいでしょう。
花・お菓子・お酒・丸餅・果物など、霊園によっては禁止物がありますのでご確認ください。
お菓子などは日持ちのするものが良いのではないでしょうか。
参列者様については、御供物料として現金をお供えする方が多くいらっしゃいます。
金額は5千円から1万円程度ですが一般的ですが、地域によっても異なりますので一概には言えません。
お菓子などは閉式後、皆様でお分けしますので、日持ちのする和菓子、お菓子などがいいでしょう。
お花は、ゆりやバラなど香りや花粉の付着しやすいものはお避け下さい。
四季のお花・故人様が好きだったお花などがよろしいかと思います。
出来れば生花をご準備ください。
参列者の方がお持ちいただいても構いません。

●納骨の時期
通常は四十九日法要後に納骨を行うのが一般的だといわれています。
四十九日は故人様が現世から死後の世界に向かわれる日でもあります。
四十九日法要時にはご親族の方がお集まりになりますので、その法要後に納骨をされたほうが、
お集まりになられた皆様が改めて会す必要もなくスムーズに執り行われるかと思います。
一周忌法要後に納骨式を行う方もいらっしゃいます。
お墓の準備ができるまで自宅にて保管する方や納骨先が決まるまで保管する方もいらっしゃいます。
いつまでという特別な決まりがあるわけではありません。
大切な故人様との気持ちの整理がついてから行うのがよろしいのではないでしょうか

●四十九日とは
仏教用語でお亡くなりになられた日を1日と数え、四十九日目に行うご供養の事で地域に応じて数え方が異なる所もあります。
仏教の教えではお亡くなりになられると7日毎に極楽浄土に行ける裁判が計7回行われ、最後の判決が四十九日目となります。その後、極楽浄土へと旅立たれるといわれています。
四十九日目の日程が合わない場合は日にちを過ぎるより前倒しに行うのが良いと言われております。
葬儀とは異なり日柄を気にする必要はありません。友引に行っても問題はありません。
四十九日法要にて故人様の魂があの世へと旅立たれるといわれていますので、お集まりなられたご親族様でお見送りをなさってください。

●香典の用意は
一般的には5千円程度ですが食事会などのご用意がある場合は1万円程度
包まれるとよろしいかと思います。
香典の書き方も宗派に応じて異なりますが一般的なのは御霊前、御香典です。
御霊前は、仏教、キリスト教、神道でも使うことができます。
御佛前は、浄土真宗では使用いたしますが、他の宗派ではあの世に旅立つ「四十九日」以降に使用いたします。
無難なのは御香典を使えば失敗は避けられます。
※市販されています香典袋も表書きに御霊前と記入されているものが多いようです。

●納骨式に参列の服装は
納骨式に参列の際の服装はご遺族やご親族は喪服を着用されたほうがよろしいでしょう。
一般の参列者は略式喪服や平服でも地味なものであればかまいません。

●納骨式にかかる費用
・石材店の作業代
墓石にご遺骨を納める際に石材店にかかる費用は約2万円から3万円程度です。
石材店にお願いするかお身内の方でご遺骨をカロート(お墓の中にご遺骨を納めるための場所)に納めて下さい。

・墓石の彫刻料
墓石に納骨する前に故人様のお名前・戒名や没日の名彫りを行います。
費用としては3万円から5万円程度が相場です。

・お坊様のお布施費用
お坊様による墓前の納骨法要の相場は3万円から5万円程度と言われております。
四十九日法要や一周忌法要などと同時に納骨式の法要を行う方もいらっしゃいます。

・その他の費用
墓前へのお供え物・お花・線香・ロウソクなどもご用意ください。
また、お塔婆などをご用意いただく場合は1基2千円から5千円程度です。

●まとめ
納骨とは、火葬後にご遺骨を骨壺に納め墓などに納骨する事を言います。
納骨時期について特別決まりはありませんが、四十九日法要後に納める方が多いようです。
四十九日法要時にはご親族の方がお集まりになりますので、その法要後に納骨をされたほうが、お集まりになられた皆様が改めて会す必要もなくスムーズに執り行われるかと思います。
また、お墓ではなく納骨堂などに納める方も近年は多く見受けられるようになりました。
いつまでという特別な決まりがあるわけではありませんん。
大切な故人様との気持ちの整理がついてから時期をみてご納骨される方もいらっしゃいます。


提携寺院募集
―送骨納骨の寺院様募集―
北海道・関東・中国・四国・九州で送骨納骨受入寺院を募集しております。詳しくはこちらからお問合せください。
※関東地方は東京都、埼玉県のみ募集しております。
●寺院名(霊園名)、ご住所、電話番号、宗派、販売料金等の登録が必要です。
●宗旨宗派、地域は問いません。
●登録費、掲載料、月間管理費はすべて無料です。
●お電話でのご相談は052-462-8180(午前8時~午後8時)までお問合せください。

当社サイト、カタログ等に記載されている「お坊さんjp」「永代供養ネット」「送骨納骨」は当社の登録商標または商標です。
なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。